口座開設で3000円の無料ボーナスプレゼント!

取引透明性にこだわる「AXIORY」の特徴

AXIORY

AXIORYは取引の透明性にこだわりがあり、リクイディティプロバイダーや約定力などがトレーダーに公開されていることが特徴の海外FX業者です。
レバレッジは1倍~400倍。また豊富な入出金方法が用意されています。

AXIORYは2012年から自動売買プラットフォーム「MultiTrader」を提供していた業者で、2013年からブローカーとしての活動も行っています。
そんな比較的新しいブローカーであるAXIORYの特徴を紹介します。

安定した低スプレッドを実現するための様々な努力

スプレッドは当然ながら低くて安定している方がいいです。私も海外FX業者を選ぶ時はこの点を必ずチェックします。

AXIORYではスプレッドがなるべく低く安定するように様々な努力を行っている特徴があります。

提携LPの公開

1つ目は透明性・流動性の確保です。提携リクイディティプロバイダー(価格を提示する企業)の社名を公開することで、取引の透明性を高めています。

また新しい提携先を常に探すことで、取引の流動性を確保しています。提携機関ごとに有利な時間帯、通貨ペアが変わってくるので、提携先は多い方がトレーダーにとって有利です。

低スプレッドの実現

2つ目はスプレッドや取引手数料の低減です。スタンダード口座では数pipsのスプレッド、ナノスプレッド口座では1Lotあたり3ドル程度の取引手数料しかかかりません。

FX業者の中には不透明なスプレッドをつけたり、市場価格操作を行ったりするところもありますが、AXIORYはそういったことは行わず、透明性の高い価格を提供しています。

正確でスピーディーな約定

スプレッドと同様、約定がどのように行われるかはトレーダーが気にするポイントです。
私も何度か体験したことがあるのですが、FXでは注文したのにその注文がうまく実行されないこともあるのです。

AXIORYではリクイディティプロバイダーとEQUINIX社のデータセンターによるネットワークを利用し、迅速に注文を約定するインフラを確保しています。このシステムにより、約定の遅延を抑えます。

またAXIORYの約定率や不成立率、約定スピードの平均は公式サイトで公開されています。
このデータを見れば、AXIORYの取引システムの安定性がすぐにわかるので、トレーダーにとって公平です。

私はこういったデータを公開している海外FX業者は信頼できると思います。

レバレッジは最大400倍

海外FX業者で多いのが口座や取引方法などによって最大レバレッジが変わることです。
そのためそういった業者だと、利用したい最大レバレッジに応じた口座や取引方法を選ばなければいけません。

それに対し、AXIORYはいずれの口座・取引方法でも1倍~400倍の範囲内で幅広いレバレッジを提供しています。
そのため、たとえ初心者の方が個人でトレードする場合でも、上級者のトレーダーとレバレッジの条件が違うということはありません。

設定できるレバレッジは8種類です。
最小が1倍で、他は10倍、25倍、50倍、100倍…と小刻みに設定されています。100倍以降は200倍、300倍、400倍と100倍ずつ増えていきます。

レバレッジを細かく選べるのは便利だと思います。特に初心者の方だと最初はどのレバレッジを選べばいいかわからないものなので、試せる選択肢が多いのは好都合ではないでしょうか。

豊富な入出金方法

  • 国内銀行送金
  • クレジット/デビットカード
  • STICPAY(スティックペイ)
  • Bitpay(ビットコイン)

利用できる方法は国内銀行送金、クレジット/デビットカード・STICPAY(スティックペイ)・Bitpay(ビットコイン)です。
※NETELLER(ネッテラー)、Skrill(スクリル)もありますが日本人は利用できません。

入出金手数料は2万円以上の入金でいずれも無料(銀行の振込手数料はかかります)です。

利用できる通貨は国内銀行送金のみ日本円で、他の出金方法はすべての通貨を利用できます。

入金の反映は海外銀行送金を除き、いずれも基本24時間以内です。
出金に関しては、着金時間は出金方法や条件次第で異なり、最短で即時、最長で2週間前後かかります。
そのため、自分が利用する出金方法の条件はよく確認しておいた方がいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました